色々な粒

芝張りのコツ

庭の手入れをする夫婦

芝張りは春がおすすめ

芝張りは自分で行う事もできるため、どうやったら芝張りができるのか紹介していきます。まず芝張りをおこなう季節としては、3〜5月が最適になるのです。この時期というのは植物にとって成長するのに一番適した時期なのです。ですから可能であれば、この時期に芝張りをおこなうと良いのです。絶対に避けなければならない時期は、真夏と真冬になるのです。この時期は植物にとっては、気温が合っていないため成長が遅いのです。できれば梅雨の前までに芝を張り終えておく事で、梅雨の雨で芝が根付いてくれるのです。芝は一度根付く事で、簡単に枯れる事はなくなるため、早く根付かせる事が重要なのです。

水はけの良い土を使用する事が重要

芝は水はけのよい土をこのむため、水はけが悪い場所の場合は土を掘って、水はけの良い土に交換しておく事が肝心です。また土は平らになるように整地する事が重要です。土が平らな場所に芝張りをする事で、綺麗な芝生ができるのです。芝張りの方法としては、芝を隙間なく敷き詰める方法や、土が少しみえるように目地を作って張る方法などがあるのです。芝を隙間なくしきつめた方が、早く芝生が全面に覆われるのです。ですが費用が高くなってしまうため、時間をかけても良い場合は、土の目地をつくった芝張りがおすすめなのです。芝生は格子のように張る事で、目地の土が流れやすくなってしまうため、ずらして張っていく事が大切です。