色々な粒

美しい芝生を目指す

苗を植える様子

芝張りの基本について

この中でも、特に重要なのは日当たりとなります。芝生は十分な日光を浴びて成長していくのです。一日のうち直射日光が当たる時間が5時間以上あることが望ましいといえます。芝張りの場所が日陰が多いという場合には、日陰に強い品種を選ぶといいでしょう。芝張りの場所が決まったら、いろいろな芝生の張り方があるので場所に適した方法で張ることになります。芝生は種から蒔く方法もありますが、芝張りをしたほうが早く成長し手間も省けることになります。芝張りをする時期は、3月から5月までの間が最も適した時期となります。

実践的な張り方について

芝張りに最も適した時期は、春となります。ほかの時期でもいいのですが春に芝張りをすれば、夏と秋の間に生育することになります。芝張りの仕方として最も簡単な方法は、芝のマットを購入して地面に張り付けていく方法です。マット芝は、前面に一段ずつ張っていきます。二段目を張る時に、一段目と角の部分をずらして張っていきます。目地が十字にならないようにします。この方法は、全面張りといいますが、この方法は芝マットの数が多くなり費用がかかることになります。芝マットと芝マットにすき間を開けて張っていく方法や、市松模様のようにおいて張っていく方法もあります。地面は見えるのですが育ってくると地面の部分が見えなくり芝が張ってくるのです。芝生を楽しみたい場合に、最初に芝張りをすることになります。広さや張り方など基本に従って行うことで美しい芝生にすることができるのです。